2010年06月04日

ライブ用音響セットでボリューム”限界上映”――第3回爆音映画祭(Business Media 誠)

 第3回爆音映画祭が、吉祥寺バウスシアターで開催される。これは、映画用の音響セットではなく、音楽ライブ用のものを使い、ボリューム限界の大音量で映画を鑑賞するもの。2008年に始まったこの試みは、今年で3回目となる。

 上映プログラムは、映画祭事務局セレクションが15本、特別セレクションが6本、リクエスト上映作品が3本、国内初プレミア上映が2本の合計27本。また、シアター2では爆音上映ではない上映や関連イベントなども企画される。

 特別セレクションには、クエンティン・タランティーノ監督の「イングロリアス・バスターズ」や、大林宣彦監督の「HOUSE ハウス」、大友克洋監督の「AKIRA」など。リクエスト上映では、豊田利晃監督の「蘇りの血」、園子温監督の「愛のむきだし」、2003年の解散ライブを撮影した「ミッシェル・ガン・エレファント“THEE MOVIE“ -LAST HEAVEN 031011-」を上映。

 映画祭事務局は、「大音響の中で、かつて見たことのある映画がまったく新しい映画として蘇ってくる、いわば『映画の再生』の瞬間に立ち会える喜びを、多くの人と分かち合いたい」という。一説には通常上映の3倍以上の音量ともいわれる爆音上映、体験してみるのも悪くない。

 第3回爆音映画祭は、5月28日から6月12日まで。チケットは、一般上映枠の当日券が1300円(3回券は3500円)。【岡田大助】

【関連記事】
『アバター』と『イングロリアス・バスターズ』どっちがファンタジー?
女子の夢『ニュームーン/トワイライト・サーガ』VS. 男子の夢『空気人形』、どっちがイタい?
『サマーウォーズ』サイバーテロと『サブウェイ123 激突』ハイジャックテロ、どっちが嫌か?
『蟹工船』の新庄と『ハゲタカ』の鷲津、今の時代に欲しいのはどっちだ?

首相動静(5月28日)(時事通信)
<雑記帳>「ブライダルトレイン」豊橋を走る 愛知(毎日新聞)
職質中に車を急発進、重傷おわせた20歳逮捕(産経新聞)
不同意堕胎 医師が関与認める 警視庁、慈恵医大病院を捜索(産経新聞)
「経費も教員も削減せざるを得ない」 京大理学部が寄付呼びかけ(J-CASTニュース)
posted by エトウ セツオ at 10:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。