2010年05月12日

「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)

 鹿児島県・徳之島の伊仙、天城、徳之島3町長は7日午後、鳩山由紀夫首相との会談後に都内で記者会見した。3町長は、首相に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の基地機能の受け入れ拒否を伝えたことについて、「民意は決して変わることはない。これからますます反対という形で出ていく」(伊仙町の大久保明町長)などと言明した。
 天城町の大久幸助町長は、会談に関し「(首相に)気持ちをよく分かってもらえたのではないか」と指摘。徳之島町の高岡秀規町長は、会談で首相が民意重視の姿勢を示したとした上で、「徳之島案はなくなると期待して会談を終えた」と語った。 

フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
線路から16メートル下の地面に飛び降り 東京駅で男性死亡、JR東海社員か(産経新聞)
<強風>100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛(毎日新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
posted by エトウ セツオ at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。